ーペンギンハウスでのレコーディングはいつ決めたんですか?

ジミー 僕らのバンドじゃなくて、みんなで録ったほう? それはね、いつ頃だったかなあ。5月くらいだったのかな。このまま、ペンギンハウスが営業再開できないまま終わりになる色が濃くなってきて、みんなとも、出演者同士も、顔を合わせることもできないままフェイドアウトして無くなってっちゃうのは、寂しいな、悔しいな、と思って、個々に来てもらって、なんかできないかな、って考えて、あっそうか、って思いついたのが例のアレですよ。“ウィー・アー・ザ・ワールド”。あのカタチだったらみんなで歌い繋いでいって、みんなで一緒にやっている感じが出せるんじゃないかなと思って。ほんとは全員に声掛けたかったけど、それはなかなか難しいからね。今ここにあるのはホワイトアルバムなんですけど、うちでスタッフやってた明日香ちゃんが手描きでこれ絵を描いてくれるって言うので、それが仕上がったら、演ってくれたみんなにお分けしようかなって。

ーこれは後々YouTubeで聴けるんですよね?

ジミー ペンギンのホームページからも、YouTubeを観られるようにしようと思っています。

CD
ペンギンハウスに出演していたミュージシャンたちが参加してできたCD
「高円寺オンマイマインド」をYouTubeで聴く

ー修子さんのバンド“Midnight Special”のレコーディングはその前から予定されていたんですか?

ジミー うん、もともとはね、ちゃんとスケジュール通り物事が運んでたら、5月で店を閉めて、そのあと6月から7月だからちょうど今くらいの時期にやろうって言ってたんですよ。ところが店がもう営業できなくなっちゃって、ペンギンももう何もしていない状態だったので、「じゃあ今やろう」って前倒しして、4月、5月で録ったんです。時間だけはたっぷりあったから、毎日ここへ来て、録音して編集して、4月のアタマから5月の末くらいまでやってましたね。

ステージとマイク
レコーディングはペンギンハウスで行われた

↓5へ続く